マイクロソフトの新OS「Windows 7」が来年に出るかもしれないとの話です。

なんか2010年に出るという話だった、新OSのWindows7が来年に発売されるかもしれないとの話です。
なんか説明によると開発がうまくいってるようですね。
記事はGIGAZINEより
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080407_windows_7/
こちらはCNETnews.comの説明しているページです。
http://www.news.com/8301-13860_3-9911470-56.html
英文なので、ちょっと訳してみたものを掲載してみます。
翻訳ページのものなのでちょっとおかしいところがあるかもしれませんが、大体何を言いたいかはわかるとは思います。
マイアミ–マイクロソフト会長のビル・ゲイツは、金曜日にWindows7(Windowsの次の主要なバージョン)が翌年に含まれることができるのを示しました、以前にソフトメーカーによって簡単に述べられた開発スケジュールの遠くに前に。
質問に答えてWindows Vistaに関して、ここで米州開発銀行の前で話して、ゲイツは言いました: 「翌年か私たちに新しいバージョンがあるつもりであるいつか。」 ウインドウズのクライアントソフトウェアの次の完全なリリースについてWindows7、コードネームを示して、ゲイツは言いました: 「私、超、夢中で言う、それが多くの方法で何をするか、」
ゲイツのスピーチの大部分は群衆のために家へ帰るために、より近くで話題にささげられました、ラテンアメリカがどうより競争力がある場合があるかなどように。
マイクロソフトが去年の夏に新しいソフトウェアのいくつかの細部について議論して以来、 Windows7とその意図された特徴リストは思惑の話題です。
その時、Windows7が消費者とビジネスバージョン、および32ビットの、そして、64ビットのバージョンで乗船するのを除いて、マイクロソフトは少ししか言いませんでした。 会社も、購読モデルがWindowsの補足となると考えていると確認しましたが、詳細か時間枠を提供しませんでした。
24時間未満前に、マイクロソフト代表は、会社が、Vistaの2007年1月のデビューからおよそ3年間Vistaの後継者を出荷すると予想するとCNET News.comに言いました。
1年の中に不明瞭であるのは、ゲイツがWindows7の来ることの早いテストについて言及していたかどうかということです、広範囲のリリースかデビューと対照的に。 開発者に向かって連動した早めのテストは想像することができるでしょう。 会社は、新しいWindowsバージョンの開発を加速すると繰り返して言いました、主にVistaのおよそ5年の妊娠の期間への応答として。
マイクロソフトは、木曜日にWindows XPのために ライフラインを広げるのを断りました、限られた数の専門化しているマシンだけが6月以降オペレーティングシステムで販売されると言って。
会社は、Windows XPホーム版がそれが「超-安価のPC」と呼ぶコンピュータのクラスのために販売されるのを許容し続けると言いました。
マイクロソフトに応じて、見通し(Windowsの最新版)はよく売れていました。 しかし、オペレーティングシステムのデビューは繰り返された遅れと移行している特徴リストによって損なわれました。 先週、マイクロソフトは、ビジネスによるVistaの採用を追い立てるために 取り組みを促進しました。

結局Vistaが売れてないし、それならうまく開発が進んでいるWindows7を出してしまえということなんでしょうね。
結局予想はしていましたが、Vistaの位置づけは前のWindowsMeと同じということでしょうね。
これでVistaを買わないで待っていた人がWindows7にいき、Vistaユーザーは切り捨てられるのでしょうか、まあ何とも言えないのですが。
でもVista使ってて思いますが、これテスト用で使ってるからいいけど、メインマシンだったら、怒りまくっていたような気がします。

次の記事

Windows7について